• トップ /
  • 自分で歯肉炎を判断するなら

歯肉炎の初期症状とは

歯科には痛みがなくても通うべき

歯肉炎の対処方法は腫れを鎮める

歯肉炎の原因はブラッシング不足や歯茎に汚れが詰まって、炎症を起こした場合のどちらか、もしくは両方になります。対処方法としては、柔らかめのブラシで歯磨き粉を用いて、念入りに洗う事です。歯茎を洗浄する場合には、力を入れずに優しく磨いていく必要があります。出来るならば磨いた後に、オーラルケア製品を使えば治りやすくなります。グリチルリチン酸やアラントインは炎症を改善する働きがあり、それらを配合した物が歯茎に作用します。

歯医者さんで働く歯科助手

歯に違和感があったりして、歯医者さんに通ったことがあるという人もいるでしょう。歯医者さんでは、様々な人たちが働いています。その中で、実際に歯の治療を行うのが、歯科医師や衛生士といった資格を持った人たちです。その他にも歯医者さんの中では、歯科助手という人が働いています。その名の通り助手として治療のサポートをするのが、主な仕事です。例えば、機材の準備等を行います。その他にも、会計業務や受付業務をします。

↑PAGE TOP

Menu