• トップ

歯科に通い始める方法

歯科には痛みがなくても通うべき

歯科は4ヶ月ごとに足を運ぶ

体のどこにどんな病気や怪我が起きても困りものですが、中でも一番どうしようもないもの、本人が我慢していればいつか自然治癒力で治っていた、ということが絶対にないものに、歯の中の病気があります。虫歯、歯周病、歯石などは歯科に行かないで完治することは絶対にありません。しかも虫歯は放置していたら大変不快だけれども死ぬことはない、と思っている方は要注意です。実際に虫歯が元で亡くなってしまった人はいるので、放置せずに必ず歯科へ通いましょう。もし痛みも不快感もない、虫歯はないと判っている状態であっても、やはり歯科には半年に一度、もっと確実なのは4ヶ月に一度は通い、検査をしてクリーニングをしてもらうほうがいいのです。歯石や歯周病は細菌の棲みかであり、それは歯医者さんしか除去できません。痛みなどがない場合の病院の予約方法は簡単です。ここと決めた病院へ電話して、定期検診をお願いします、と言って下さい。もし痛みがある場合はその旨を告げるとあちらが都合を聞いてくれますから予約しましょう。他にも予約方法とすればインターネットでの受付をしている病院もありますから、忙しくて時間がないとか電話が苦手という方は、ネットでの予約方法がおすすめです。

↑PAGE TOP

Menu